Sample Image

「お墓って移せるの?」

「田舎に御先祖様のお墓があるけど、誰も世話が出来ない」や、お参りする人が年をとってきたなど、様々な理由で、お墓を移せないか?と考えることあると思います。
お墓の移動、つまり引っ越しのことを「改葬」と言います。
改葬には、必要な手続きがいくつかあります。

まず、新しく遺骨を埋葬する墓地を探し、見つかったらその墓地の管理人に入りたいという旨を伝え、「受け入れ証明書」を発行してもらいます。
そして現在お墓がある墓地の管理人に改葬の事情を説明し、「埋葬証明書」を発行してもらいます。

そして現在のお墓がある市町村役所で改葬に必要な手続きを行います。
この証明書は一体につき一枚必要となりますので、数に応じて発行してもらうようにしましょう。

この「受入証明書」と「埋葬証明書」の二つを役所に渡し、「改葬許可申請書」というものをもらいます。
この申請書に必要事項を記入し、役所に提出すると、「改葬許可証」が貰えます。

そしていよいよお墓を移す際には、御先祖様の遺骨を動かすわけですから、僧侶に立ち合ってもらい、「魂抜き」のお経をあげてもらいます。
そしてその墓地には、綺麗に元通りにして返す義務がありますから、墓地を綺麗にしてから新しい墓地へ移動します。

そして新しい墓地に役所で貰った「改葬許可証」を渡し、今度は「入魂式」を行います。
これも僧侶にお願いして立ち合ってもらいましょう。
それから新しい墓地に、遺骨を埋葬して改葬が完了します。

これが改葬の一連の簡単な流れですが、手続きや、古い墓地の片付け、新しい墓石、僧侶への気持ちなど、改葬には、お金が何かとかかるものです。
平均で250万程かかると言われています。
改葬の際には、お金は勿論ですが、大切な御先祖様が眠るお墓を移動させるわけですから、親戚や家族で良く話し合い、皆が気持ち良く御先祖様を思えるようにきっちりと改葬を行うようにしましょう。
改葬することで、より御先祖様を大切に供養出来れば良いですね。 気になるお墓のお値段についての記事も参考にご覧ください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 お墓、どこに建てよう? All Rights Reserved.