Sample Image

「宗派によって違いはあるの?」

日本人はほとんどの方が仏教だと思いますが、仏教の中にも多くの宗派に分かれています。
また日本でもキリスト教など他の宗教を信教している場合もありますよね。
しかし他国に比べると日本は宗教に馴染みが浅く、あまりこだわりを持たない人が多いとされています。

実際に自分の家の宗派を知らないというのも珍しくありません。
特に若い人はそのような話に触れる機会も少ないでしょう。

しかし、急な不幸があった時、お葬式などでもそうですが、宗派によりかなり違いがあります。
御香典の表書きの書き方や、焼香の仕方、祭壇に上がる際の礼儀など、宗派により大きく違います。
これと同じようにお墓を建てる時も宗派により違いがあるので、自分の家の宗派を知っておく必要があるのです。

具体的にどんな違いがあるかというと、戒名のいれ方が違ったりしますし、戒名のことを浄土宗などは法名と呼び、名前の刻み方などが宗派により全く違います。
お墓の正面に刻む文字も、浄土真宗では「南無阿弥陀仏」、日蓮宗ならば「南無妙法蓮華経」と刻みます。
またよく見かける「〜家之墓」というすべての宗派に共通する書き方もあります。
このように宗派により墓石に刻む文字が違います。入れてはいけない文字や、また男女や年齢により書き方違うなどもあります。

また宗派によって墓地の選び方も異なります。
公営墓地では宗派不問というところも多いですが、寺院墓地では宗派別になっているところがほとんどです。
ですから、寺院墓地に違う宗派の遺骨を収蔵する場合は、宗派を変える必要もあります。

またお参りの仕方やお盆などの法要も宗派により多少違いがある事がありますから、自分の宗派、またはお参りに行くお家の宗派のことも一度調べてみると良いでしょう。
あまり触れる機会がない宗派ですが、調べてみると色んな説や意味が込められています。
宗派を知ることで改めて自分の家系、家族について知るチャンスになるかもしれません。
お墓を建てる際は必ず調べてみて下さい。
こちらhttp://specificthings.com/で墓地への埋葬方法について詳しく載っていますので参考にしてみてください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 お墓、どこに建てよう? All Rights Reserved.