Sample Image

「お墓の管理はどうしよう?」

お墓というのは、先祖代々受け継がれる大切な物です。
日本では昔から、家の長男がお墓を受け継ぎ、次男からは分家としてまた新たなお墓を建て、そのまた子供などがお墓を受け継ぐ、というのが当たり前の形でありました。
今も尚、その考え方のお家がほとんどですが、少子高齢化や、核家族というものが近年では急激に進み、現状としてお墓の管理が出来ないというパターンが増えてきているのです。

ではそんな場合はどうするのか?というと、例えば遠方にお墓があり管理が難しい場合は、改葬と言って、お墓を近くに移動さすことが出来ます。
それでも受け継ぐ家族が居ないんだ!という場合は、生前に遺言などに書いておけば、家族以外の友人でも管理するのはかまわないことになっています。
しかしその場合には、その友人がお墓の永代使用権を取ることになるわけですから、当然お墓の管理料などを支払う義務があるわけです。
ですからきっちりと話をした上で決める必要があります。

それでも相続者が決まらないという場合には、家庭裁判所が決めることになりますが、もし、これも無理な場合は、何十年か分をお寺に管理料として支払い、永代供養してもらうという考え方もあります。
またお墓を建てても管理が難しそうだという場合は、お墓は建てずに納骨堂に遺骨を収蔵するということも出来ますが、こちらも勿論管理するお金は必要です。
最近多くなってきているのは、子孫に負担をかけないため、又は子孫が居ない場合、生前に自分の遺骨は海へ流して欲しいなどという人も増えてきています。
こういう型も今では珍しくありませんし、管理が難しい場合には、良いかもしれません。

しかし、お墓の問題は、個人だけで簡単に決断出来る問題ではありません。
中には御先祖がどうしてもお墓を継いで欲しいと願っている場合もあることでしょう。
簡単に決めてしまわずに、ご家族や親戚を含めてよく話てから誰が管理するのか?また永代供養にするのか?を決めるようにしましょう。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 お墓、どこに建てよう? All Rights Reserved.