Sample Image

「お墓と納骨堂の違いは?」

東京などの都心部などに住んでいる方はよく耳にする「納骨堂」ですが、この納骨堂とお墓との違いは一体何なんでしょうか?
ざっくりと説明すると、お墓は、「遺骨を土に埋めて永遠に収蔵する場所」であり、一方の納骨堂は、「亡くなった方の遺骨を保存、または一時的に預ける場所」という違いがあるわけです。
しかし、東京など、土地が狭く人口の多い所では墓地が思うようにないために、一時的に納骨堂を使用するのでなく、お墓と同じ扱いで使用する場合も少なくはありません。

もう少し詳しく違いを説明していきますと、お墓は皆様ご存知のように、墓石があり、土に遺骨を埋葬します。
そして継続者が居れば先祖代々に継がれ、遺骨を埋葬していくことが出来ます。
お墓は屋外にありますので掃除などのメンテナンスが必要となりますが、比較的に自由に参拝が可能となっています。
またお墓は、宗派を決められている所もあるようです。

一方の納骨堂では、お墓と違い、屋内でロッカーのような所に各自の骨壺を収蔵します。
都心部で多く見られ、立地条件が良く、また施設も設備も冷暖房があるなど整っており、お墓のように掃除するなどの負担は少ないと言えます。
ですが、お墓のようにいつでも自由に参拝できたり、好きな御供えを好きなだけ置くということは出来ません。
お墓のように受け継げる場合もありますが、ほとんどが単身の方や御夫婦のお墓代わりとしています。
また宗派は問われない場合が多いので、多くの方が利用しやすくなっています。

このように、お墓、納骨堂とそれぞれにメリット、デメリットが存在しますが、どちらも御先祖様を供養する場にはかわりありません。
料金的な事で言うと、墓石や土地代が必要ないため納骨堂の方が安くなっています。

ですので、継続者が居ない場合や、近くに良い墓地がない場合などは、納骨堂をお墓にするという考え方もあります。
お墓と同じように永代使用権がある納骨堂もありますので、一時的に遺骨を預けるだけでない場合は、永代使用権が付与されている納骨堂を探してみると良いでしょう。
どちらも御先祖様を大切に供養する場ですので、良く考えてから決定するようにしましょう。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 お墓、どこに建てよう? All Rights Reserved.