Sample Image

「永代供養ってなに?」

よくお墓参りの話をしている時や、お墓の広告などに、「永代供養」という言葉を耳にしたり目にすることがあると思います。
お母さんが亡くなられた方だと毎年母の日にお墓参りhttp://www.programaslivres.net/zeppi.htmlに行く方が多いようですが、いろいろな事情があっていけない方もたくさんいらっしゃると思います。

永代供養とは簡単に説明すると、お墓を個人で建てたり、先祖代々の墓を受け継がずに、故人の遺骨をお寺に渡し、お金を払って代わりに供養してもらうというわけです。
勿論家族だけではなく、他人様の遺骨も埋葬されています。

これだけの説明を見ると、すごく薄情な気もしますが、この永代供養は今ものすごく必要なものとなっています。
というのも、近年では核家族が増加し、お年寄りの方が単身になることは珍しくありません。
若いうちは、墓参りに毎回足を運べても年をとると、それも簡単な事ではなくなるからです。
それに宗派の違いなどで必ずしも子孫が墓守りをするとも限りませんし、そもそも子孫が居ない方も、現代では多くいらっしゃいます。
またお墓がすぐ近くで見つからなかった場合にも永代供養は助かると言えます。

お寺により、金額や、宗派の関係の有無、また遺骨の埋葬の仕方は若干違いますが、大体のお寺が宗派を問わず、仏様の下に遺骨を埋める方法がほとんどです。
供養の仕方は、彼岸、お盆、命日など、お寺が供養してくれます。
値段は、まちまちですが、約50万程度が平均的だと言われています。
通常のように、墓石を購入する必要がなく、一度お金を払っておくと、あとはお寺の方が供養してくれますので、金銭面的にお墓が建てられないと悩んでいる人でも、比較的安く、故人を供養することが出来ます。

ただ、生前から永代供養を申し込む場合には、年会費などがかかるお寺もありますから、永代供養を考えている方は、お寺の方にまず色々説明をしてもらうと良いでしょう。
まれに宗派を問う所もありますし、遺骨の埋葬の仕方も好みに合うとは限りません。
大切な御家族のお墓代わりになることですから、決められる際は家族、親戚またお寺の方とよく相談してから永代供養なさって下さい。
その他のお墓の必要な知識はこちらを参考にしてみてください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 お墓、どこに建てよう? All Rights Reserved.