Sample Image

「使用料ってどれくらい?」

お墓はよく見る物ですし、お墓参りなど誰でもしたことがあることですから馴染みはあるものだと思います。
ですが、お墓を実際に建てたり、管理することというのは若い人などは特に少ないですし、年配の方でも分からないことが多いと思います。
最近では、お金がかかるからお墓は建てないという方も少なくありません。

ではお墓の使用料ってどれくらいかかるものなのでしょうか?
まずお墓って使用料がいるの?と思った人も多いと思いますが、お墓を建てる金額とは別に、「永代使用料」というものを土地に対して払わなければなりません。
これは土地を購入するという意味ではなく、あくまでも使用するという意味での料金なのです。
購入するのは「永代使用権」という権利を購入するのです。

そしてこの永代使用料ですが、これは土地の場所や、墓地の区画、日当たり、広さなどによって大幅に値段が代わります。
都心部でありながら見晴らしと日当たりが良く広い区画は勿論高いですし、逆に田舎で日陰の場所では安い使用料となります。
数万円で良い所もあれば、百万円程度かかるところもありますので、値段はまちまちです。
しかも注意して予算を考えなければならないのは、よく石材店などで墓石を注文する際、この永代使用料のみを料金表に書かれていたり、逆に墓石代と工賃のみが書かれている場合など様々です。
ですから、どこまで金額に含まれているのか?を必ず業者の方に確認するようにしてください。

この永代使用料というのは、人に譲り渡したり貸したりすることは法律で禁じられていますし、改葬や、お墓の処分をしたとしても払った使用料は返ってきませんので注意してください。
この永代使用料は墓地だけで考えられがちですが、納骨堂で永代使用権を所得している場合は墓地と同じように永代使用料がかかります。
また墓地や納骨堂によって更新料や更新年数は様々です。

見積などを提示された場合、どこからどこまでが墓石にかかる料金で、永代使用料はいくらなのか?
また契約更新料がかかるのは何年なのか?を詳しく業者の方に訪ねるようにしましょう。

お墓は建てる機会が一生に一度あるかないかです。
よく確認してから決めるようにしましょう。
http://xn--qckubrc3d4m.asia/12.htmlにはペット霊園についてや、ペットへお供えするものなどが紹介されています。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 お墓、どこに建てよう? All Rights Reserved.