Sample Image

お墓、どこに建てよう?

お墓を建てる際には、さまざまな面で悩むことが多いと思います。
ですが、お墓を建てる機会というのは何度もないことですし、御先祖様を供養する大切な場所です。
なかなかバタバタして決めてしまいがちですが、じっくり考えて建てる必要があります。
そうすることで今後、自分の先の代にもお墓選びのノウハウを受け継いでもらえます。

まず、墓地には種類があります。
お寺にありお寺の管理を受ける「寺院墓地」、地域の自治体が管理している「公営墓地」、財団法人などが管理している「民営墓地」などがあります。
まず、どこにお墓を建てるのか?を決める必要がありますが、宗派の違いなどで好きな墓地に入れないこともあります。
この中で言うと「寺院墓地」が宗派を問われることが多く、継続者が居ない場合などは入れないことがほとんどです。

あとは、やはり墓地までの距離も大事となってきます。
綺麗で広く景色の良い場所は気持ちが良いですが、交通機関などがない場合や、あまりに遠い場合は、お参りも大変ですし、メンテナンスもやはりしにくいと言えます。
万が一墓守りをする人が居なくなれば、無縁仏になる心配もありますので、あまりに自宅から離れた場所や、高台にお墓を建てることはおすすめできません。

また墓地が決定しても区画を決めるのにも悩むことでしょう。
日当たりが良い場所や、陰でジメジメしやすい場所など、墓地内の区画によっても料金がまちまちです。
しかし極端に日当たりが良すぎても墓石が傷んだり、御供えがすぐにダメになったりと、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

ですので、値段などだけで簡単に決めてしまわず、何度か下見をしてみるのも良いお墓選びのポイントとなるでしょう。
また、公営墓地は、募集を確認する必要もありますし、入りたいと思っても墓地が空いていないことも多いので、色んな案を提案しておくことも必要です。
一生に何度とないお墓建てですから、よく考えてから気に入った場所にお墓を建てるようにしましょう。

▼納骨堂の費用などはこちらから。

サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 お墓、どこに建てよう? All Rights Reserved.